TOP > 仏教講演会
ビハーラの理念

「ビハーラ」をテーマに仏教講演会を開催しています。


 サンスクリット語の「ビハーラ」には、「休息の場所、気晴らしをすること、精舎または寺院」の意味があり、昔そこで病人を看護したとされています。1985(昭和60)年に、田宮仁氏は、この「ビハーラ」という言葉を「仏教を背景としたターミナルケア(終末期医療)施設」の呼称として提唱されました。浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、1987(昭和62)年に「ビハーラ活動」が始まりました。この「ビハーラ活動」とは、仏教徒が、仏教・医療・福祉のチームワークによって、支援を求めている人々を孤独のなかに置き去りにしないように、その心の不安に共感し、少しでもその苦悩を和らげようとする活動です。それは同時に、病気の人をケアするだけでなく、仏教を実践することにもなるのです。釈尊は「修行僧らよ。われに仕えようと思う者は、病者を看護せよ」と説かれています。 ふりかえってみると、釈尊の時代から日本の浄土教に至るまで、仏教徒が病人をあたたかく看取り、このことを縁として自己の生きる意味を見直し、死を超えた世界にまことの仏法を求めました。源信和尚の『往生要集』に説かれる臨終行儀や看取りの場所としての「無常院」などは、浄土教独自の活動でした。


TOP > 仏教講演会

Copyright © yeohoo 2007 All rights reserved.