TOP >
このサイトについて

▼「揚風ドットコム」は、僧侶グループ「揚風会」のインターネット窓口です。

 「揚風会(ようふうかい)」は、都市部にある一般寺院を継承する次代の僧侶達が集まり、交流するなかで自分を磨いてゆく場所です。と同時に、寺院の外に目を向け、力を合わせて社会に向けてオープンな活動を行うことを目指しています。言ってみれば僧侶による「部活」みたいなものです。少なくない人々が、組織化された宗教教団に暗いイメージや不信感を持つのが現状の様子です。その一方で、自己の問題、不安について、ズバリ言い当ててくれる「親のような存在」「宗教のようなもの」「心の癒し」などをどこかに探し求めているようです。
 あれこれ「宗教のようなもの」を渡り歩く人は、無理にそれを探さなくても、個人の問題、不安を解消し、人間が生きる意味にはっきりとこたえる世界が、仏教(=多くの人にとって代々家に受け継がれる身近な宗教)にちゃんと用意されていることに気づいて欲しいものです。法要、儀式の執行者としてだけでなく、自分の問題、不安の解決についても、身近に居る僧侶達に尋ねてください。

▼揚風会って何?

 昭和57年7月24日発足。
会の命名は、浄土真宗本願寺派元総長・豊原大潤師です。
メンバーは、大阪府高槻市の、浄土真宗本願寺派寺院の僧侶で構成されています。
発足当時7人だった会員は、入れ替りを経て現在12人です(平成28年1月現在)。



 ○主な活動

   1.例会(教義、声明、研修、テーマを決めた話し合いなど) 

           毎月一回の定期的な開催を、平成28年2月をもって一旦休止に
           しました。以降は不定期とし、講演会の準備など必要な時に集
           まることになりました。新たな研修テーマ、または相互理解や
           協力が求められる事案などが発生した際にも開催する予定です。


   2.総代会研修(旧真友会)のお手伝い
          (真友会の時代には、揚風会の有志が話し合い法座など手伝って
           いましたが、現在は住職会から講師を選抜して研修が行われて
           います。)

      真友会 ・・・平成16年にはじまり、所属寺院の枠を越えて集まっ
                た壇信徒で構成され、活発に研修を行うなど、自分
                達で主体的に会を運営されていました。平成25年3月
                に組織が見直され、「総代会研修(旧真友会)」と
                して再出発することになりました。

   3.市民向け仏教講演会 ・・・年1回、6月
          毎年6月頃、200人規模で、市内の会場(主に高槻現代劇場文化
          ホール)で開催しています。




 
TOP >

Copyright © yeohoo 2002-2005 All rights reserved.